IR情報

トップメッセージ

当社は2001年に、主に米国ハリウッド・メジャーに対する映像ビジネスのコンサルティングサービスから事業をスタートさせました。2005年にはFLASHアニメスタジオをスタートし、以降、デジタル技術の進歩や通信環境など変化の中、米国ハリウッド・メジャー型(原作権自社保有)をインターネット時代型(低コスト・スピード展開)の著作権ビジネスへと進化させることで、多様化し変化の早い視聴者や消費者等の嗜好や価値観を捉え、適時に対応することを強みとする、ファスト・エンタテイメント事業として日本のコンテンツ業界を牽引してきました。


昨今、益々進化するデジタル技術、通信環境の拡張、そしてスマートデバイスの急速な普及、ソーシャルメディア、動画配信など新たな成長メディアの興隆がライフスタイルそのものまでも変化させております。
これからもそのような日々変化するメディア、多様化するライフスタイルなどに対応すべく様々なIP(著作権や商標権などの知的財産)を開発・取得し、我々がプロデュースしたコンテンツ・サービス・ブランド・商品が時間や空間の枠を超えて世界中の人々に笑顔や感動、サプライズ、夢を届けていきたいと思います。


当社は2014年3月に東京証券取引所マザーズ市場、2016年4月に東京証券取引所市場第一部上場をいたしました。しかしながら、2018年12月に当社の内部管理体制について改善の必要性が高いと認められ特設注意市場銘柄に指定されました。この事態を深く反省し、再発防止に向けた改善計画を制定し内部管理体制の強化に努めた結果、2020年2月に特設注意市場銘柄指定解除となりました。今後もDLEが本来持つ強みを蓄えながら変革すべきところは変革し、新生DLEとして邁進してまいります。


「DLE」(Dream Link Entertainment) 「夢をつなぐエンターテイメント企業」

今一度原点に立ち返り東京証券取引所市場一部上場会社としての誇りと責任を自覚し、これからも皆様方のご期待にお応えすべく、企業の拡大と企業価値の向上を目指し、世界中の人々から愛され、多くの日本人が誇りに思ってくれる特別で重要な「ブランド」となるよう、役員はじめ従業員一丸となって一層精励してまいる所存でございます。
今後も、より一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。


株式会社 ディー・エル・イー
代表取締役社長 CEO
勝山 倫也